奈良県田原本町 橿原市天理市桜井市 初心者向けパソコン教室 /田原本教室

Googleスプレッドシートの便利機能(日付入力)

今日はちょっとした便利機能の紹介です!
例えば、Googleスプレッドシートでお小遣い帳を作るとしましょう。
表の項目は「日付、商品名、金額」くらいは作りましょうか。実際に入力する際、その日の日付を毎回入力するのって面倒じゃないですか?
スプレッドシートには、カレンダーから日を入力できる機能があります。これがなかなか便利で個人的にツボです。(笑)
では始めていきましょう!

  1. 日付を入力する列を選択します。
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  2. 右クリック→「データの入力規則」
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  3. 「リストを範囲で指定」から「日付」を選択→保存
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  4. (データの入力規則を指定したセルの上で)ダブルクリック→表示されたカレンダーから該当する日付をクリック
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)

入りました!!
Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)

ついでに、デフォルトの表示形式が気に入らないので、変更します。

  1. 日付を入力する列を選択します。
  2. 「表示形式」→「数字」→「表示形式の詳細設定」→「その他の日付や時刻の形式」
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  3. (月日のみで良いので)「年」を削除
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  4. 「月」は「先行ゼロなしの月」を選択
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)
  5. 「日」も月と同じように選択
  6. それぞれの後ろに「月」と「日」を入力→「適用」
    Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)

お小遣い帳らしくなりました!?
Googleスプレッドシート便利機能(日付入力)

« 前のページに戻る